読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真剣そのものの神待ち女性

小さい頃から不自由な生活を送っていた女性がいました。

現在は社会人としてしっかり働いているようですが、その当時は乱れた生活を送っており、大変な毎日だったようです。

 

自分が初めて知り合った当初は、都内のネカフェやカプセルホテルなどを転々としてその日暮らしをしていました。

 

なんでも家族に自分が何年も掛けて貯蓄してた蓄えを勝手に使用されてしまい

その手持ちで上京資金にしていたはずが一転・・・。

 

どうしようもなくなり派遣などをしながらなんとか食いつないでいたようです。

 

そんな彼女は、一度だけ神待ち掲示板を使った事があるらしく

 

使わざるをえなかった理由が、寝泊まり出来る場所がなく

 

野宿だけは絶対に避けたかったからだそう。

 

男性なら一日や二日は平気ですが女性はそうはいきません。

 

そのために、神待ち掲示板で出会った相手の家に宿泊させてもらった事があったそうです。

 

かなり不安で危ない目に合うのではと思っていたようですが相手の男性はとても優しく

危害を加えられる事もなくホントに手厚く迎えてくれたそうです。

落ち着くまでいればいいと言われたらしいですが、甘えていると自分がダメになると思い、また元の生活に。

 

そして派遣などバイトで貯めたお金で家を借りて、就活にも成功して今は立派な社会人として働いています。

 

その人は今私の部下として頑張っています。

 

これはお酒の席で聞いた話の一部ですが、これだけ苦労を重ねた人間も居ることを知ってもらいたく記載しました。